車買取相場

スプリンターカリブ

スプリンターカリブは、トヨタ自動車の製造販売によって1982年から20年に渡って日本の自動車市場にその地位を築いていた乗用車です。
自動車としての形状種別ではステーションワゴンに分類されます。
スプリンターカリブは初期型からモデルチェンジを重ねて3代目まで投入されました。
1500ccエンジンを搭載した初期のモデルAK25はターセルを基に作られており、四輪駆動が特徴でした。
その後、3速のオートマチック車が追加されるなど幅広いユーザー層に向けた展開も行われています。
スプリンターカリブは日本国内のみならず、ヨーロッパやアメリカ市場といった海外にも投入されました。
年々改良が重ねられており、特徴の四輪駆動もパートタイムからフルタイムに進化しています。
スプリンターカリブは、その室内構造や走行性能からアウトドアシーンや悪路走行の多いユーザーの支持を受けたものです。
後期にはFF車も追加され、ミッションも含めてグレード展開は他の多くの車種同様に多面的なものとなっています。
次第に、その役割と存在感が薄れて行き後継車種へとバトンを渡すわけですが、中古車市場における人気はいまだ健在です。

 

サイトマップ

スプリンターカリブ スプリンタートレノ スプリンターマリノ スプリンターワゴン セプター セラ セリカ セルシオ ソアラ ターセル タウンエース チェイサー ツーリングハイエース デュエット ナディア ハイラックス ハイラックスサーフ ピックアップ ビスタ ビスタアルデオ
FX